人気ブログランキング |

<   2020年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23180464.jpeg

~~~~~~~~~~~ ♣ ~~~~~~~~~~~

作曲家クーラウ参り

―其の弐 家を訪ねて―

~~~~~~~~~~~ ♣ ~~~~~~~~~~~


ピアノのお稽古でバイエルを修了して最初に弾いた「ソナチネ·アルバム」の1番。


「ドーーミーーソーー·ソソソ ソードーミーード·ド~~シ♪」


ピアノの発表会でも定番の曲だ。放物線を描く親しみやすい旋律に、「ドソミソ·ドソミソ」と繰り返す左手のシンプルな伴奏。弾きやすい短い曲でありながらドラマチックな変化に富んでいて、子供心によく響くお気に入りの曲だった。


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_02255003.jpeg

作曲者はフリードリヒ·クーラウ Friedrich Kuhlau(1786-1832)。北ドイツのハンブルクとハノーファーの間にある町ユルツェンに生まれ、ハンブルクで音楽を学び、ピアニストとして活動。1810年からデンマークへ移住し、首都コペンハーゲンで宮廷音楽家として活動。デンマークにモーツァルト(1756-1791)やベートーヴェン(1770-1827)の音楽を本格的に紹介し、北欧ロマン派音楽の礎を築いた。




彼がデンマークで暮らした家は、コペンハーゲンでも最も有名な観光地であるニューハウン(Nyhavn)地区にある。


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23184183.jpeg


アンデルセンもニューハウン地区内で暮らし続けたというから、きっと昔からアーティストの感性を刺激する特別な場所だったのだろう。


雑誌や観光ブックでよく見る写真はこの風景だったのか、、、と納得。

クーラウが住んでいた10番地は、現在は改装されてしまっていて別の建物になってしまっており、全く面影が感じられなかったが、この景色を眺めて、この街で暮らしていたのかと思うと、わずかながらも今も変わらず残っているであろう息づかいを頼りに、少し音楽を共有した心地がする。



「この景色、何か見覚えがあるような···」と思い、帰国してから、クーラウのピアノ·ソナタの楽譜を取り出してみると、なんとその表紙の絵はニューハウンだった。

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23235660.jpeg
ピアノソナタ曲集[1]

「オシャレな絵だ」ぐらいにしか思っておらず、今までずっと知らなかった。


 「もしや!?」と思い、2冊並べてみると、絵が繋がるではないか!


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23243851.jpeg
ピアノソナタ曲集[2]


全集は4巻まであるというので、弾くアテはないけれど、3巻と4巻を購入❗

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23244680.jpeg
ピアノソナタ曲集[3]

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23244976.jpeg
ピアノソナタ曲集[4]



お~、やはりそうだったか!繋がった!!!


4冊のピアノ・ソナタは、絵巻物のように繋がり、ニューハウンの町並みとなりました。


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23205692.jpeg
↑クーラウの部屋から見えたであろう川向こうの景色↓
デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_01285480.jpg
おぉぉぉぉぉ
Wonderful!!

また時間がある時に3,4巻も弾いてみるかな。



ちなみに、クーラウ先生が住んでいらっしゃたのはこちらの写真の灰色のアパートだそう。

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23384098.jpeg

今は見ることも入ることも出来ないけれど、彼が住んでいた場所に立ち、思いを馳せるだけでも感じ入るものがある。


アンデルセン、クーラウが暮らしたニューハウン。独特の空気を持った街でした。




[おまけ]

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23400091.jpeg

ニューハウンのすぐ近くにあるデンマーク国立オペラハウス。

「王立歌劇場」とは別のオペラハウスです。

ホールの響きの良さもさることながら、オケもキャストも合唱も、素晴らしいクオリティでした。


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23194345.jpeg

オペラハウスの中。近代的でオシャレな建物でした。



by akitoku17 | 2020-01-10 23:45
作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_03194055.jpeg


デンマーク~作曲家を訪ねて Vol.2

~~~~~~~~~~~ ♠ ~~~~~~~~~~~

作曲家クーラウ参り

―其の壱 お墓参り―

~~~~~~~~~~~ ♠ ~~~~~~~~~~~

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02255003.jpeg

デンマークの作曲家 Friedrich Kuhlau1786-1832


 クーラウという名前、ピアノの『ソナチネ・アルバム』で馴染みの作曲家なのだけど、彼の名を聞いてピンとくる人は案外少ないかもしれません。


 日本ではクーラウのオーケストラ作品やオペラが上演されることはまずないので、作曲家としての知名度や人気が今一つな感があるけれど、実はピアノ曲の他にフルートの曲をたくさん書いており、フルート界ではとてもよく知られた巨匠です。



コペンハーゲンにお墓があるということで行って参りました!


・・・が、これがまた、とてつもなく広い墓地で、ニールセン以上に見つけるのが難しかった…💦


小雨のちらつく中、ボチボチ歩き回ること1時間半(笑)。二日続けて墓地を彷徨ったことになりました😱



そこで、「クーラウのお墓を訪ねたい」という方が同じような苦労をすることなくお参り出来るよう、「後世への道標」として今回の経験を記しておこうと思います📝



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

めざすはASSISTENS Kirkegård アシステンス教会墓地』

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


 コペンハーゲン中央駅[Kobenhavn H]から地下鉄(在来線が発着する建物の外に乗り場がある)の「M3:赤」で[Nørrebro]行きの電車に乗り、6つ目の[Nørrebros Runddel]駅で下車。

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02314799.jpeg


デンマークは建物がとてもオシャレで、色と光の使い方が独特。

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02334211.jpeg


改札を出て階段を上り、右側後方へ(地下鉄への入り口を正面に向かって左端の道を奥へ)。

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02352648.jpeg
↑Nørrebros Runddel駅の改札を出て地上へ上がったところ

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02333471.jpeg
↑もう少し外側から見た光景


↓フェンスを越えると、L字路に小さな建物と地図があります。

(お墓の敷地の全体図なので、どこに誰のお墓があるかは分からない).

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02431688.jpeg
作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_03071435.jpeg
作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02440535.jpeg



↓右側の道(フェンス沿い)を進み、大きな木があるT字路を左折。

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02461090.jpg


↓そのまま直進。途中に十字路を無視して、正面にわずかに見える門を目ざしてひたすら真っ直ぐ進みます。

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02500233.jpeg

↓門を越えたら、突き当たりのT字を右に進みます。

(左側に「キルケゴール」のお墓があります)

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02475373.jpeg

 ↓デンマークの思想家・哲学者
キルケゴール Kierkegaard1813-1855)が此処に眠っているのかと思うと感慨深い!合掌🙏
 ※ほんの数歩先なので、お参りしても迷子にはなりません。
作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_03061436.jpg



先ほどの門を越えたT字の場所へ戻り、右(キルケゴールの反対側)へ進むと、突き当たりに教会があります。

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02490565.jpg


↓教会の手前の道を左折し、2030進むと左側(直ぐ道沿い)にクーラウのお墓が!

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02511602.jpeg


「本当にここ?」と不安になり近くを歩き回ってしまいましたが、立ち止まってよく見てみると「KUHLAU」と記されてあり、下には「A3」とあるので、どうやらここで間違なさそうです。

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02595647.jpeg

 そもそも、クーラウのお墓が「A3」であるということが最初の地図には記されていないため、どこにあるのか分からないのが彷徨の原因!



お墓を通り過ぎて、一度敷地を出ると、先ほどの教会へ続く道と建物があり、その付近に、墓地に埋葬されている人物の名前一覧と、その記号が書かれた地図を見つけました🔎


作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02514781.jpeg
作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02523674.jpeg

これだけ広い墓地なのに、敷地内に詳細地図が設置されていないなんて・・・。この地図を見つけるまでが大変な道のりでした。


今後、日本の方が同じような思いをしなくてすむよう、この体験と情報をUPしておこう!とこの時に思った次第です。



この墓地にはかの有名なアンデルセン Andersen1805-1875)のお墓があり、多くの人が訪れるため、敷地の至る所に  アンデルセン] の標識が立っています。


折角なのでお参りしようと思い、歩いていると早速「Andersen」の名を発見!!

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02535520.jpeg


写真に撮ってみたものの、どうもおかしい・・・。



よく見ると、「ハンス・クリスチャン・アンデルセン Hans Christian」ではない別のアンデルセンのよう。デンマークではメジャーな姓なのでしょうね。


しばらくウロウロした後、無事にハンス・アンデルセンのお墓を発見。さすが人気のアンデルセン!人々が訪れた形跡があります。

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02544883.jpeg


思わず倉敷チボリ公園・チボリウィンドアンサンブルの十八番『ハンスの冒険』のオープニング曲が頭をよぎります🎵


我が故郷・倉敷では、今でもチボリ公園の名残として駅前のカラクリ時計でアンデルセンの物語を楽しむことが出来ます

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02565638.jpeg
↑倉敷駅北口のからくり時計


 墓地の敷地内は、ジョギングや散歩する人の姿がちらほらと見受けられました。雨と寒さの中を歩き回って疲れを感じていたところに、かわいい小動物たちに遭遇し、思わずほっこりしながら帰路につきました。

作曲家をたずねて〜デンマーク・クーラウ編 Vol.1_e0414315_02584205.jpeg


クーラウアンデルセンキルケゴール、、、同じ墓地に眠ってらっしゃいますので、デンマーク・コペンハーゲンへお立ち寄りの際は是非お参りなさってみてください。無料です!💸



by akitoku17 | 2020-01-05 20:30