人気ブログランキング |

タグ:コペンハーゲン ( 2 ) タグの人気記事

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23180464.jpeg

~~~~~~~~~~~ ♣ ~~~~~~~~~~~

作曲家クーラウ参り

―其の弐 家を訪ねて―

~~~~~~~~~~~ ♣ ~~~~~~~~~~~


ピアノのお稽古でバイエルを修了して最初に弾いた「ソナチネ·アルバム」の1番。


「ドーーミーーソーー·ソソソ ソードーミーード·ド~~シ♪」


ピアノの発表会でも定番の曲だ。放物線を描く親しみやすい旋律に、「ドソミソ·ドソミソ」と繰り返す左手のシンプルな伴奏。弾きやすい短い曲でありながらドラマチックな変化に富んでいて、子供心によく響くお気に入りの曲だった。


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_02255003.jpeg

作曲者はフリードリヒ·クーラウ Friedrich Kuhlau(1786-1832)。北ドイツのハンブルクとハノーファーの間にある町ユルツェンに生まれ、ハンブルクで音楽を学び、ピアニストとして活動。1810年からデンマークへ移住し、首都コペンハーゲンで宮廷音楽家として活動。デンマークにモーツァルト(1756-1791)やベートーヴェン(1770-1827)の音楽を本格的に紹介し、北欧ロマン派音楽の礎を築いた。




彼がデンマークで暮らした家は、コペンハーゲンでも最も有名な観光地であるニューハウン(Nyhavn)地区にある。


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23184183.jpeg


アンデルセンもニューハウン地区内で暮らし続けたというから、きっと昔からアーティストの感性を刺激する特別な場所だったのだろう。


雑誌や観光ブックでよく見る写真はこの風景だったのか、、、と納得。

クーラウが住んでいた10番地は、現在は改装されてしまっていて別の建物になってしまっており、全く面影が感じられなかったが、この景色を眺めて、この街で暮らしていたのかと思うと、わずかながらも今も変わらず残っているであろう息づかいを頼りに、少し音楽を共有した心地がする。



「この景色、何か見覚えがあるような···」と思い、帰国してから、クーラウのピアノ·ソナタの楽譜を取り出してみると、なんとその表紙の絵はニューハウンだった。

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23235660.jpeg
ピアノソナタ曲集[1]

「オシャレな絵だ」ぐらいにしか思っておらず、今までずっと知らなかった。


 「もしや!?」と思い、2冊並べてみると、絵が繋がるではないか!


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23243851.jpeg
ピアノソナタ曲集[2]


全集は4巻まであるというので、弾くアテはないけれど、3巻と4巻を購入❗

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23244680.jpeg
ピアノソナタ曲集[3]

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23244976.jpeg
ピアノソナタ曲集[4]



お~、やはりそうだったか!繋がった!!!


4冊のピアノ・ソナタは、絵巻物のように繋がり、ニューハウンの町並みとなりました。


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23205692.jpeg
↑クーラウの部屋から見えたであろう川向こうの景色↓
デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_01285480.jpg
おぉぉぉぉぉ
Wonderful!!

また時間がある時に3,4巻も弾いてみるかな。



ちなみに、クーラウ先生が住んでいらっしゃたのはこちらの写真の灰色のアパートだそう。

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23384098.jpeg

今は見ることも入ることも出来ないけれど、彼が住んでいた場所に立ち、思いを馳せるだけでも感じ入るものがある。


アンデルセン、クーラウが暮らしたニューハウン。独特の空気を持った街でした。




[おまけ]

デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23400091.jpeg

ニューハウンのすぐ近くにあるデンマーク国立オペラハウス。

「王立歌劇場」とは別のオペラハウスです。

ホールの響きの良さもさることながら、オケもキャストも合唱も、素晴らしいクオリティでした。


デンマークの思い出〜クーラウ編_e0414315_23194345.jpeg

オペラハウスの中。近代的でオシャレな建物でした。



by akitoku17 | 2020-01-10 23:45

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_23215883.jpeg
デンマークの世界遺産 クロンボー城


~~~~~~~~~~~ ♠ ~~~~~~~~~~~

カール・ニールセン参り

~~~~~~~~~~~ ♣ ~~~~~~~~~~~

 「ニールセン」という名の作曲家は複数いらっしゃいますが、
今回お墓参りしたのは、日本で最もメジャーな「カール」さんです。

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_21505019.jpeg

デンマークの作曲家 Carl Nielsen1865-1931



 2015年に生誕150年を迎えた三人の作曲家、グラズノフ、シベリウス、そしてニールセン


 この度、研究調査の一環でデンマークへ行ことになったので、まずはコペンハーゲン市内にあるニールセンのお墓参りをしてから旅程をスタートしようと思い、早朝に足を運んでみました。

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22285584.jpeg
コペンハーゲン中央駅



 コペンハーゲン中央駅から出発。目指すはニールセンのお墓がある Vestre Kirkegård!共同墓地というだけあって広大な敷地。

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22151489.jpeg


 小雨の降る肌寒い天候の中、ニールセンのお墓を探すも、すっかり迷子になり、ロールプレイングゲーム状態。墓地入り口で入手した地図を見ながら、印の付いた「44番」へ向かってみるも、どうやら違うらしい…。よく見ると、中央部分にも、拡大地図で別の印の「44番」が存在している!

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_23461808.jpeg


 一番端のエリアまで行ってしまったので、もう一度引き返して探してみるが、細い道が何本も並行に通っていて、やや高低があって分かりにくい上に、草木が茂って視界が悪い上ため、一体地図で見ている場所と実際に立っている場所が一致しているのかどうか、かなり怪しい。


 雨の中、彷徨うこと約1時間。。。


ようやく発見❗❗❗🔎

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22142396.jpeg
ニールセンのお墓


 近年日本でも人気上昇のニールセンなので「デンマークへ行ったらお墓参りをしてみよう」「午前中がもったいないので、出発までの朝一の時間を活用して…」などと思う人もきっといらっしゃることでしょう。


 そんな方々のために、後世への道標の一つとして、記憶が鮮明なうちに、今回の経験を記しておこうと思います📝


~~~~~~~~~~~~ ♠ ~~~~~~~~~~~~

旧デンマーク通貨【100クローネ紙幣】の肖像になっていた

デンマークの偉人ニールセンのお墓参り

~~~~~~~~~~~~ ♠ ~~~~~~~~~~~~



 この通りに進めば、なんと、駅から10分かからずに到着出来ます(笑)


 迷わなければ、コペンハーゲン中央駅から30~40分あれば往復可能ということです。


―――


①コペンハーゲン中央駅から電車[S-tog C]で2駅 🚃==

 ビールで有名なカールスバーグ駅[Carlsberg]へ。。。約4分で到着


電車内の電光掲示板


Carlsberg駅へ到着したら、地上エレベーター位置へ進み、進行方向の白い高架橋を渡る。

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22084526.jpeg

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22085375.jpeg


横断歩道を渡って直進。突き当たりを斜め右にまっすぐ進む。


デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22091829.jpg
はるか彼方にゲートがあります


※途中、左側に墓地がひろがる敷地が見え、教会や建物が見えるので、思わず「ここではないか!」と思って入りたくなるが、全然違う墓地なので、誘惑に駆られる気持ちを押さえてまっすぐ進む。


デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22100000.jpeg
ここは違います!


※突き当たりのゲートをくぐると、右側に墓地の地図、案内看板とトイレがある。ここで地図をゲットしておくと便利です。反対側に管理事務所のようなものがあるけれど、手続きなどは必要ないので素通りして大丈夫。(無料で入れます)


デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22104234.jpeg

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22110294.jpeg
パンフレット地図は部数が少なかったです


⑤正面の彫刻に向かって左脇を道なりに進むと「直進」と「左折」の分岐点があるので、「直進」して右側に教会が見えるまで進む。


デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22111919.jpeg  

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22122889.jpeg
車が止まっている道が教会へ続く道です




⑥教会が見える位置まで来ると案内看板があるので、教会向かい側の墓地に向かってすぐ左側の小径を進む


デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22120091.jpeg  

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22134544.jpeg
左側の小径






⑦最初の十字路をさらに直進。すこし曲がり道のようになるが、道なりに進む


デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22163193.jpeg  

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22160814.jpeg

⇧振り返った景色



⑧少し進むと左側に緑色の「44番」が付いたお墓が見える


 到着❗❗❗


デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22143363.jpeg
ちょうど雨が上がりました!

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22145871.jpeg

奥様のお墓も。一緒に仲睦まじく永眠されています。


デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22153173.jpeg

デンマーク!作曲家ニールセンのお墓参り_e0414315_22153983.jpeg

 かなり木屑や葉に覆われていたので、可能な範囲で払って綺麗にしてきました。


− ☆ −


 生誕地であるフュン島は、コペンハーゲンの島とは異なり、電車で片道1時間半ほどかかるので、今回は断念。


 ニールセンはどういう環境で、何を見て、何を感じて育ったのか、、、フュン島オーデンセアンデルセンの生誕地でもあるので、次回是非行ってみたいと思います。



by akitoku17 | 2019-11-24 23:29